家づくりのコラム【家相について】を更新しました


家づくりのコラム【家相について】更新しました。
家相は中国から伝わった「陽宅(生きている人の建物や土地)風水」を日本の「神仏習合」の独自の世界観の中で日本人が発展させた教えで、方位や間取りから「吉相」「凶相」という風に家の吉凶を判断するものです。
一方、風水は中国で生まれ、中国で育ったもので、儒教や道教を中心とした考え方です。
古代中国の権力者が国家を統治する際に、土地を守り、戦いに勝つために用いられた環境学です。木や水、土地などが持つパワーバランスを考慮して、「気」の流れをコントロールし、良い環境を作るのが目的です。

【コラムの続きはこちらから】
家相と風水の考え方をぜひ知ってください。

PAGE TOP